建物には、たまに様々な物品が蓄積する事があります。長い間建物を使い続けていれば、物品も色々溜まっていくでしょう。物品を放置しておけば、利用できる空間も狭くなってしまいます。
それを何とかする為に、物置が活用される事も多いです。そして物置は、それぞれ特性も異なるのです。

 

耐えられる重量に関する違い

そもそも物置の天井部分には、色々な物が積み重なってしまう事もよくあります。とりわけ雪などは、軽視できないポイントになるでしょう。北国などに行きますと、天井部分に大量の雪が降り積もっている事もあります。当然その大量の雪は、建物に対して負担をかけてしまう訳です。
ところで物置は、それぞれ重量に関する違いがあるのです。比較的多くの重量に耐えられる物置もあれば、そうでないタイプもあります。上記の雪なども、その1つです。ある物置の場合は大量の雪に耐える事は可能ですが、別の物置はその逆といった具合です。具体的に何キログラムまでの雪に耐えられるかは、物置を選ぶ基準の1つになるでしょう。特に北国でそれを使いたい時には、耐荷重量は大切です。

 

断熱材で物置を選ぶ

その他にも、断熱材なども軽視できないポイントになります。なぜなら、それは結露と密接な関連性があるからです。そもそも物置によっては、天井部分から水が滴り落ちている事もあります。なぜなら物置の天井に対して、露などが発生してしまうからです。そもそも外との温度差が大きい時などは、建物の壁に露が発生してしまう事はあるでしょう。物置も、それは例外ではありません。

しかし物置に対して結露が生じてしまうか否かも、使用材料などに左右される傾向があります。例えば、断熱材が使われているか否かです。そもそも物置に対しては、天井部分に断熱材などが使われている事もあります。そして断熱性能が優れている物置は、総じて結露も発生しづらい傾向があるのです。特にポリエチレンなどが使われている物置は、結露も発生する確率が低いです。ですから寒い場所で物置を使いたい時などは、断熱材が使われているか否かで、選んでみると良いでしょう。

 

ガレージの素材などについてはこちらを参考に! ⇒ ガレージ

 

湿気を防ぐ性能が強いかどうか

ところで保管されている物品に対しては、たまに大きな負担が生じてしまう場合があります。たとえ物置に保管していても、物品の状態が悪くなってしまう事もあるのです。例えば、物置に対して衣類などを保管する状況はあり得るでしょう。しかし衣類というのは、湿気は禁物です。むやみに湿度が高い場所にそれを保管しますと、衣類にカビが生えてしまう場合があります。
ところで物置は、それぞれ防湿性に関する違いもあるのです。上記の断熱材の有無なども、実は防湿性には間接的に関わってきます。言うまでもありませんが、衣類などを保管したいと望むなら、防湿性は優れているに越した事はありません。ですから湿気を防ぐ性能が強いか否かも、物置を比べる基準の1つになるでしょう。

 

レールの有無で物置を選ぶ

ところで降雪地域に立地している物置には、たまに特殊なレールが設置されている事があります。そして、それは物置を選定する基準の1つにもなるのです。というのもレールが設置されている物置の場合は、雪を流しやすい性質があります。たとえ物置周辺に多くの雪が降り積もったとしても、そのレールから自然に雪が流れてくれるのです。言ってみれば、雨樋のような存在です。もちろん雨樋が完備されている物件の方が、雨水には強いでしょう。逆にそれがなければ、物件の耐用年数が短くなってしまう可能性もあります。物置には、雪用のレールが設置されている事もあるのです。もちろんレールがある方が、安全度は高くなるでしょう。ですからレールの有無なども、物置を比べる基準の1つになります。

関連記事

    None Found